REVIEW

商品レビュー

ルナサンダル ベナード、モノ、オソの3モデルを比較

名古屋店

  • facebook
  • twitter
  • line

こんにちは、ホシです。

今年も残り1ヶ月となりました。日の暮れるのもだいぶ早くなりましたね。

先日のルナサンダル モノとオソの入荷でルナサンダル2020シーズン分が揃いました。
ルナサンダルのモデルの違いについて紹介します。

VENADO2.0

ルナサンダル ベナード、モノ、オソの3モデルを比較

厚み:9mm
ソール:Vibram

薄く軽くしなやかソールは、地面からの刺激を1番ダイレクトに感じられます。
足の着き方、地面の凹凸、着地の衝撃の大きさなど普段シューズを履いていては分からない感覚を教えてくれます。
薄く軽量な分持ち運びにも便利で、山でのサブのシューズとしてや、旅先でのランニングシューズとしても活躍します。

MONO Winged Edition

ルナサンダル ベナード、モノ、オソの3モデルを比較

厚み:ベース11mm + ラグ4mm
ソール:Vibram Morflex

少し厚みのあるタイプのMONO。厚みはありますが、柔らかく柔軟なソールでランニングや普段のサンダルとしても使い易く、薄いソールに不安がある人でも履きやすいモデルです。
Winged Editionとなっており、後ろのベルトの部分に柔らかい樹脂パーツで付けられている為、カカトもフィットしやすくサイズ調整もしやすくなっています。

 

OSO Winged Edition

ルナサンダル ベナード、モノ、オソの3モデルを比較

厚み:ベース7mm + ラグ4.5mm
ソール:Vibram MEGA Grip

アウトソールにはVibram MEGA Gripを使用したグリップ感のしっかりあるモデル。ラグも深くトレイルでの使用でも安心のグリップ力で、トレランからロードランまでガンガン走れます。登山やキャンプなどアウトドアシーンにハマるモデルです。

サイズの選び方

ルナサンダルのサイズ選びは、足の実寸と同じサイズがおすすめです。
実寸25cmの人(シューズで言うと26cmぐらいを履いてる人)は、US7が目安のサイズとなります。

 

ルナサンダルの走り方

ルナサンダルでの走り方として大事なポイントは「自然な走り方」をすることです。
自然な走り方というととても曖昧な表現になってしまいますが、着地の仕方や、姿勢、フォームなどカラダにとって一番負担の少ない走り方が自然な走り方です。
特に、ルナサンダルなど底の薄いものを履く場合、つま先での着地、フォアフット着地をしないといけないと思っている方もいますが、足の裏のどこでつくかということよりも
「重心の真下での接地する」ことが大切です。
特に重心よりも前で着地してしまう(オーバーストライド)場合は、膝が伸びている状態での着地となりやすく、衝撃や負担も大きく、ランニング障害を引き起こしやすい走り方となってしまいます。

 

シーズン的には少し寒くなってきてしまいましたが、まだまだサンダルでのランニングは楽しめます。
ソックスと合わせれば、普段履きにもかわいいですよ。

 

オンラインショップはこちらから⬇︎

STRIDE LAB NAGOYA ONLINE SHOP

ルナサンダル ベナード、モノ、オソの3モデルを比較

ルナサンダル ベナード、モノ、オソの3モデルを比較

ルナサンダル ベナード、モノ、オソの3モデルを比較

  

  • facebook
  • twitter
  • line