STAFFBLOG

スタッフブログ

COROS PACE2 レビュー「設定方法や使い方」

名古屋店

  • facebook
  • twitter
  • line

COROS『PACE2』カロス ペース2

こんにちは、STRIDE LAB 名古屋店のホシです。

話題のGPSウォッチCOROS カロス。
マラソン日本記録を出した鈴木健吾選手やCOROSアスリートの岩出玲亜選手なども着用しています。

ホシも、約2ヶ月ほど使っております。
時計の方も使いこなせてきましたので、設定や使い方もついてまとめてみました。

基本的な設定

まず、操作方法ですがダイヤルを回して「選択」、ダイヤルを押して「決定」、もう一つのボタンが「戻る」になります。

時計の表示画面でダイヤルボタンを押すランやバイクなどアクティビティの選択項目がありますが、ダイヤルを回して「設定」を選びます。

COROS『PACE2』レビュー 設定方法や使い方

時計画面>設定

システム>
フェイス&カラー、ジェスチャー点灯、左右手、デジタルダイヤル、バイブ、トーン、オートロック、単位、日付時間、GPS、全設定リセット、電源オフ、言語

アクセサリー>
ANT+、Bluetooth、追加リスト(ウォッチと連携してるアクセサリーの確認)

センサー>
光学式心拍計、気圧計、高度計校正、コンパス校正

スマホペアリング>

ウォークアウトインターフェース(計測中の画面表示の設定)>
背景色、フォント、オートスクロール、着信通知

サイレントモード>

文字の色やディスプレイのデザインの設定はもちろん、左右どちらの腕につけるのか、ダイヤルの位置など自分の使いやすいように設定ができます。

心拍ベルトやパワーメーターなどアクセサリーのペアリング

設定>アクセサリー>ANT+、Bluetooth
アクセサリーの対応する通信規格選んでペアリング

ANT+、Bluetoothの両方に対応しているため、最近の心拍ベルトなどはそのまま使えてしまう物も多いはずです。

ペアリングを解除する際は、解除するアクセサリーを選び、「削除」を選びます。

オートロックについて

着用時や運動時の画面を誤操作防止のためロックしたい、またはロックを外したい

デフォルトの設定では、時計の誤操作防止のためロック機能が付いています。
スタンバイモード(普段つけている時)、運動モードの時、それぞれロックの設定が出来ます。

ロック解除方法は、ダイヤルボタンの「長押し」か「スクロール」で選択できます。
スムーズに操作をしたいという方は「オフ」にすることで直ぐに操作ができます。

ショートカット項目 <ダイヤルではない方のボタンを長押し>

>設定
>ナイトモード
>ウォッチフェイス
>アラーム
>タイマー
>ストップウォッチ
>衛星シグナル
>長稼働モード(ウルトラマックスモード)
>メトロノーム
>バッテリー容量
>心拍数通知
>コンパス
>サイレントモード

アプリでできること

・アクティビティーデータの確認
・トレーニング(トレーニングデータの作成)
・トレーニングプラン
・筋肉ヒートマップ
・個人記録

サードパーティアプリとの接続

STRAVAやTrainingPeaksなどサードパーティアプリと連携することで、
今までの他のデバイスのデータの引き継ぎや複数のデバイスを使っている方もまとめて管理することが出来ます。

対応しているサードパーティアプリ
Strava、TrainingPeaks、、Adidas Running、Apple Healthなど

デバイスの設定(ウォッチの画面や画面の表示項目など)

COROS 設定方法

・アクティビティーデータ
・メニュー管理
・ファームウェア更新
・マイトレーニング
・ウォッチフェイスダウンロード
・GPS衛星データ
・メッセージ通知
・睡眠中

運動中の表示画面の設定は「アクティビティーデータ」から行えます。

 

 

設定や操作もわかりやすく、GPSを拾うまでの時間やアプリとの連動もかなりスムーズです。
バッテリー持ちとお値段のバランスも素晴らしいので、初めてGPSウォッチを使う方や、バッテリー持ちのいいランニングウォッチを検討していた方にオススメできる1台です。

 

STRIDE LAB NAGOYAでCOROSの購入はこちらから
https://stridenagoya.base.shop/categories/3177168

現在、COROS PACE2 ホワイト、ダークネイビー、上位モデルのAPEXPro ブラックの在庫がございます。

STRIDE LABは、日本で唯一の販売代理店になっています。STRIDE LAB以外で「COROS」が購入できるのは、メーカーの直販サイトもしくは、Amazonでしか正規の販売がありません。
店頭で商品の説明が聞けて購入できる唯一のお店となります。

 

  • facebook
  • twitter
  • line