REVIEW

商品レビュー

ランニングを始める方におすすめしたい、ALTRAのロードシューズの選び方【24年春版】(アルトラのモデルごとの特徴・サイズ感・おすすめの選び方レビュー)

熊本店

  • facebook
  • twitter
  • line

ALTRA(アルトラ)のロードシューズの選び方!24年春版

 

こんにちは、STRIDE LAB熊本の中平です。

23年の12月にオープンした全国11店舗目のSTRIDE LAB熊本。

24年の春には東京で3つの新しい店舗がスタート!
北海道から九州まで各地域に続々と増えています。

STRIDE LABが目指すのはランニングなどのスポーツを「生涯スポーツ」として取り入れて、地域の皆さんが健康的に過ごせること。そのためにALTRAのシューズがおすすめなんです。

今回は「ランニングを始める方におすすめしたい、アルトラシューズの選び方。」をご紹介します。

「正しい姿勢」が維持できるALTRAシューズの特徴。

アメリカのシューズブランド「ALTRA(アルトラ)」のコンセプトは「自然な走り方」ができる究極のシューズ。人間本来のナチュラルランニングを実現するため、シューズを履いたまま「正しい姿勢」が維持できるシューズです。

「何を当たり前のことを!」「私は健康的に立って、歩いて、走ってるよ!」と思っている方。僕もそうでした。

でも実は、現代人は歪んだ姿勢で過ごしがち。ランニングで怪我をしたり、姿勢が悪くて肩や腰や膝などに痛みを感じた時に、いつも姿勢が悪いことを痛感します。健康的な時ほどヒトって忘れてしまう生き物です。

現代ではさまざまなランニングシューズがあります。NIKEだってadidasだってHOKA、NEW BALANCE、ASICS、MISUNO、on…さまざまなブランドが、それぞれのコンセプトで商品を販売しています。

ストライドスタッフとしては、別にお客様がどこのシューズを履いてもいてもいい。
「怪我せずに効率的な走りができるなら。」

そんなランニングシューズ業界の中でALTRAは他にない特徴を持っています。
正しい姿勢で強い走り方を手にいれるきっかけをくれるので、これまでとは違う走り方を手に入れたいというお客様には心からお勧めします。

アルトラヒストリーについてはこちらのブログから!

スタッフがALTRAのシューズを履く理由(走りでも、歩きでも。正しい姿勢が自然と保てるシューズ・アルトラ)

 

ランニングを始めるきっかけは人それぞれ。

大人になってランニングを始めるきっかけは人それぞれ。
「ダイエット」
「なんとなく気分転換に」
「体力作り」
「いつかはマラソンに出てみたい!」
いろんなランナーがいます。

だれもが最初は初心者だけど、自分のペースで走り出すコツを掴めば、みるみるうちにランニングが楽しくなる。それが大人のランニングの魅力。

熊本店のスタッフは、じつは元々陸上部ではありません。学校の授業で走ってた時は、勉強と同じように他の人との比較になるし、子供の時は汗をかくのも恥ずかしいし嫌だった。大人になって、いつもスマホやテレビをみて、だらだら過ごして疲れるのに飽きて走り出した。最初は3キロ走るのだってやっとだった。

でも、走ることに慣れてくると自然と距離は伸びていき、呼吸も安定し、いつも見慣れた街を風を浴びながら、地面を感じながら走るだけで本当に楽しくリフレッシュできるようになりました。

人間だって動物の仲間。私たちの祖先は1日じゅう動き回り、狩猟をしていました。現代人だってスマホやパソコンを眺めるよりも「動く」ための体を持っているのだから、コツさえ掴めば走れるのです。(詳しくは長くなるのでBorn to run 【NHK出版】をご覧ください。お店に売ってます👣)

体を動かせば「ストレス解消」や「うつ病予防」、「モチベーション向上」に役立つことは最新の研究からも明らかになっています。外に出て、キツく無い程度に体を動かすと、リフレッシュもできるのです。

もともと、人の足はシューズを履いて過ごすための構造ではありません。

足は人体の中でも複雑な構造で、足に力が加えられると、そのエネルギーが関節を通して伝わっていきます。歩いたり走ったりするときに「衝撃吸収」して、「前方へ推進」できる造りになっています。

ランニング中の足に生じる動きは3つ

・足底筋膜は強靭な繊維組織でできた人体で、足の裏に沿って踵を中足骨の底部と繋いでいる。足への荷重が増えると、足底筋膜が伸展して、衝撃を吸収し、板バネのような「跳ね返り」をもたらす。
→シューズの反発クッションがなくても、自然な足は反発する。

・足がプロネーションを起こし、外側の端から内側へ、足の親指の方に回転し、インパクトを横方向に散らす。
→シューズの柔らかなクッションがなくても、自然な足は衝撃吸収できる。

・つま先が外に広がり、バランスと前方への推進力をます。そして指は背屈し(上に反り)、トゥオフ時に足を安定させる。
→サポートシューズじゃなくても、自然な足は安定感がある。

この足の自然な動きを妨げず、マラソン、ウルトラマラソン、トレイルランニングなど様々な用途に使いやすく進化してきたALTRAのシューズたち。

自分の用途に合わせて選んでやれば、シューズと自分の足が本当の力を発揮します。

一言でALTRAシューズを表すなら「足の自然な動きを邪魔しないシューズ」!

裸足で走ることができても、現代の固く熱く冷たいコンクリートの舗装路や、オフロードの環境で裸足で過ごすことはできません。でも過度にアーチサポートを持っていたり、ファッション目線でヒールが高く、不安定なクッションのシューズでは足の運動連鎖を悪くしてしまいます。

ALTRAのシューズなら、足が足らしく、自由に柔軟に動けます。そして筋肉が強さと自然なバネを再建できるので、偏った姿勢でおこる怪我の予防にもなります。

クッションに頼ったり、インソールに頼っても「ランニングフォーム」が乱れたまま走っていては怪我を繰り返す。自然な姿勢を気にする感度の高いランナーや、ウォーカー、ハイカーは、ALTRAの考え方をいち早く取り入れています。もちろんランニングのビギナーの方にも心からおすすめ。変な癖がついてランニング障害を繰り返す前にALTRAの気持ちの良いシューズで走り出しましょう。

 

正しい姿勢を獲得できるALTRAの大きな2つの特徴。

①「バランスクッション」構造。ヒール部分とつま先部分の比率が「1:1」

他のシューズとは違い、基本的にはドロップの無いALTRAのシューズは、足の筋肉、腱、靭帯を健全に伸ばしてくれます。そして短くリズミカルなストライドと、早めのケイデンスで走るコツを掴めてきたら、足は踵着地を控え、自然な着地をできる様に導いてくれるのです。ランニングってこんなにラクで楽しいんだ!と驚く方も多いです。

ちなみに24年の1月から販売された「フォワードエクスペリエンス」はALTRAの特徴を活かしつつ、4mm低ドロップの設計。正しい姿勢で走るまでの「移行シューズ」として人気になっています。アルトラが目指すのは、ナチュラルランニング。より多くの人へ提案できるようになりました。

②「フットシェイプ」自然な足指の広がりを実現。

もともと人の足は裸足でも走れるようにできています。指が広がることで「アーチ」といわれる、骨が弓形に並んで形づくる構造ができ、衝撃吸収を行います。足部のアーチには、内側縦アーチ、外側縦アーチ、横アーチの3つが存在します。この3つのアーチが高くなったり低くなったりすることで、歩行時の衝撃吸収や蹴りだしをスムーズに行うことができます。

本来は裸足で動いていたら人の足の指は動いている時には自然と広がります。しかし現代の多くのシューズは、つま先が窮屈。そんな靴を履き続けていると、指は折れ曲がり、動くことができず安定感を著しく損なってしまいます。(多くの人が悩まされている外反母趾や内反小趾、足の疲れの原因にも…)

これらの特徴をもったALTRAはこれまでのランニングシューズとはちがい、足の機能を邪魔しない「ナチュラルランニング」を実現できるシューズです。今回のブログではランニングを始めたいけど、「何から準備したらいいかわからない!」という初心者の方にも参考になるように伝えていきます。

 

初心者ランナーが走り出す時のコツ

走るのがきついと思っている方もダマされたと思って、「自分のペース」で走り始めてみませんか?学生時代にがむしゃらに、体力任せに走っていたようなイメージでランニングを始めるときついし疲れます。

楽に、たのしく、スマートに。ナチュラルランニングを楽しみましょう。

1、自分の足音に注意。

「ドスドス」音を立てて走っていると足にダメージが起こります。そんな走り方では長く走れません。ランニングは「ジャンプの連続」の動作とも言えます。まっすぐ立って、足首から自然と倒れるイメージで。

2、走る時は「リズミカルに」。

テンポよく走りましょう。走る速度に関わらず速いピッチで走りましょう。ゆっくりでも、スピードを上げても、目安は175-185bpmのケイデンス。
これは1秒間に3ステップ。最初は速く感じるけど。できないピッチじゃないはず。リズミカルなケイデンスを維持したまま、身体を倒せば自然と体は進んでいきます。

3、頭の位置、体幹を中心としたバランスに気をつけましょう。

頭や肩が上下するようではすぐに疲れます。歩く時も、走る時も正しい姿勢がいちばん。顔を上げてリラックスして走りましょ。もっと詳しい効率的なランニングテクニックについてはSTRIDE LABでスタッフにお聞きください。

おすすめのALTRAのロードシューズ

STRIDE LABのお店では実際に足を見て測って、使い方を聞いて、お客さんに合った一足を選びます。今回はロードシューズの特徴を簡単にご紹介するので、ぜひ参考にしてください。  

ALTRAシューズはモデルによってクッションの厚み、反発性、サポート力、フィット感など様々な特徴の違いがあります。気軽にランニングをして普段でも使いたい方、足元から自然な足を保つためのサポート力があって立っている時の姿勢を変えたい方、マラソンを快適に走りたい方など着用する人によって選び方は変わります。

STRIDE LABでのロードシューズの選び方。(24年4月現在のラインナップ)

多くのシューズショップで見るような「サブ4」や「サブ5」などのマラソンの目標タイムに分けては選びません。

ランナーの走り方は人それぞれ。

サブ3をロークッションのモデルで走り切る人もいれば、ウルトラマラソンでゆっくり完走するためにマックスクッションを搭載したシューズを選ぶ方もいます。基本的に全てのロードシューズでフルマラソンなら挑戦できるし、正しい姿勢を維持してナチュラルランニングを取り入れることができます。

STRIDE LABが目指すのは怪我なく走り続けてもらうこと。

自分の目指すナチュラルランニングにあったALTRAシューズを選びましょう。

TORIN「トーリン」シリーズ

どんな走りでも、どんな距離でも。ベストセラーのロードシューズ。

トーリンの特徴

マラソン完走からベストまで狙うマラソンランナー、ウルトラマラソン、ロングウォーキングまで人気のモデル。ALTRA独自のクッションの[EGO MAX(イゴマックス)]を採用。高い衝撃吸収性を持つクッションで、レースの後半でも地面からの衝撃を吸収。ゴールまで導いてくれます。

こんな方におすすめ。

  • まだまだビギナーだけど、ランニングにハマったらマラソンにも出てみたいというような「なんでも使える汎用性の高いシューズ」が欲しい方におすすめ。
  • 距離を伸ばしたいと考えているランナー
  • ウルトラランナー
  • カジュアルウォーカー
  • ウルトラウォーカー
  • トーリンとパラダイムのみワイドモデルがあるので足幅がかなり広い方にもおすすめ。

最新版はTORIN7。STRIDE LAB ONLINE SHOPで販売してます。

 

ESCALANTE[エスカランテ] シリーズ

ランニングからウォーキング、買い物や立ち仕事まで、だれでも多目的に使える幅広い人気シューズ

ニット(編み物)のアッパー素材を採用。伸縮性のある素材・デザインへと採用したことで、高いフィット感を実現しています。正しい姿勢で「歩く」「立つ」事が出来るので、体が持っている安定感を発揮できます。これらの理由から、ランナーだけでなく姿勢を気にするご年配の方から妊婦さんまで幅広く愛用される人気モデル。クッションはモデラート(中くらい)の24mm。人によっては長距離では物足りなく感じるかもしれないけれど、自足の感覚を感じながら動き回るには最適な厚みです。

こんな方におすすめ。

  • 日常的に捌けるALTRAのシューズが欲しいウォーカー
  • シックで落ち着いた印象なので、男性用・女性用ともにカジュアル用としても人気
  • 外反母趾にお悩みの方。アッパー部分が適度に伸びるので母指球周りが張りやすい外反母趾の方にもおすすめ。

最新版はESCALANTE 3 STRIDE LABとONLINE SHOPで販売してます。

 

ESCALANTE RACER[エスカランテ レーサー]シリーズ

軽く、気持ちよく、どこまでも。完成されたロングセラー

エスカランてレーサーはアルトラのロードシューズの中で最も薄い22mmの薄いクッションで、足裏からの感覚や接地感を感じられる超軽量モデル。通常のエスカランテよりも強度の高いエンジニアードメッシュアッパーの爽快さと、履いたらわかるこの軽さはリピートで何足も欲しくなってしまいます。短い距離で効率的にナチュラルランニングを取り入れたい方におすすめなのでビギナーの方の1足目としても人気です。

こんな方におすすめ。

  • 短い距離で効率的にトレーニングを行いたいランナー。
  • 外反母趾にお悩みの方。アッパー部分が適度に伸びるので母指球周りが張りやすい外反母趾の方にもおすすめ。
  • ルナサンダルやワラーチなどからシューズに履き替えたい方。

エスカランテレーサーについては熊本店のブログでも触れているのでぜひご覧ください

↓↓↓↓↓↓

ランニングを軽く、気持ちよく、裸足のように思いのままに。正しいフォームで怪我を防ぐ。ナチュラルランを楽しむ方へ。【アルトラ・エスカランテレーサー】ALTRA ESCALANTE RACER

ESCALANTE RACER STRIDE LABとONLINE SHOPで販売中。

RIVERA[リベラ]シリーズ

軽快な足捌きを求める方に。THE ランニングシューズ「リベラ」

初代「RIVERA」はアメリカの「ランナーズワールド」による「エディターズ・チョイス」&「ランナーズ・ワールド・ランニング・シュー・アワード」の最優秀軽量ロードシューズ賞をW受賞した人気シューズでした。その人気のポイントは残しつつアップデート。スタックハイト(ソールの厚み)は28mmとALTRAロードシューズの中では中厚。使用されているミッドソールはALTRAが独自開発した「EGO(イゴ・ミッドソール)」着地の衝撃を吸収しつつ、反発を推進力に変えるため楽に走り続けることを実現。また耐久力が高く、長く使ってもヘタリにくい特徴を持ちます。

いっけん他のシューズと何も変わらないように見えるリベラですが、拇指球あたりからつま先にかけて反り上がり、強く前に転がるソール形状「ロッカー形状」が採用されています。立っている時は「ゼロドロップ」の正しい姿勢を維持していますが、前に進もうとすると体が前に傾きロッカーが効き始めるので足捌き良く走り続けることができます。

ALTRAの特徴を感じつつも、クルクル足が回っていき、怪我をしないための適度なケイデンスを保ってくれる履き心地。

こんな方におすすめ。

  • 足幅が細めの方
  • ビギナー。ランニングにハマったらマラソンにも出てみたいというような「なんでも使える汎用性の高いシューズ」が欲しい方におすすめ。
  • カジュアルウォーカー

ALTRAの中では、足幅が狭く作られており、フィット感をより重要視する方におすすめの一足です。足幅がワイドな方などは0.5サイズを上げて履くことをお勧めします。

最新版はRIVERA 4 STRIDE LABとONLINE SHOPで販売中。

VIA OLYMPUS[ヴィア オリンパス]シリーズ

マックスクッション&高い安定感

 

ALTRAのロードシューズで最も高いスタックハイトである33mmのAltra Ego™ MAX ミッドソールを搭載。高い反発とクッション性、軽量性、耐久性が高次元に組み合わされた一足です。

リベラと同じく「ロッカーシェイプ」を採用。バランスクッション(ゼロドロップ)の構造のまま、つま先が競り上がっているので足が自然とクルクル回っていく印象。正しい姿勢のまま、足首から前傾すると少ないエネルギーで効率的に前に進む推進力を体感できます。VIAの面白いのは「MAXクッションではあるけど実は固めの履き心地」、パンパン弾くような進む推進力を感じます。これは楽だし、楽しい。

こんな方におすすめ。

  • ランニングやウォーキングで疲れた時に高い安定感を求める方
  • ウルトラランナー
  • ウルトラウォーカー
  • 高い安定性を求める人へのカジュアル用。立ち仕事の方にも人気です。

VIA OLYMPUS STRIDE LABとONLINE SHOPで販売中。

PROVISION[プロビジョン]シリーズ

ガイダンスシューズ×軽量性

内側に『GuideRail』(ガイドレイル)テクノロジーを搭載したガイダンスシューズであるプロビジョン。
ALTRA独自サポートシステムでのランニングを「ガイダンス(導く、案内する)」シューズとして人気です。

☆GuideRail(ガイドレイル)テクノロジー
走る時や歩く時は、足の踵が自然と内側に倒れる『回内(プロネーション)』が起こります。適度なプロネーションは衝撃吸収のためには必要不可欠。しかし過度に内側に倒れ込む『オーバープロネーション』は足に負担がかかり故障の原因となります。
ALTRA独自のガイドレイルは、疲れや姿勢の乱れからくる「過度な落ち込み」が起こった時だけ戻してくれるサポート機能。自然な着地を促してくれます。
他のGuideRail搭載モデルに比べても圧倒的に軽量なプロビジョン。

こんな方におすすめ。

  • ランニング、マラソン、ロングウォーク(100キロウォーク)
  • 長時間の運動で、足部の安定性が気になる。内側のアーチが倒れやすい。
  • 長く走る、歩く事にチャレンジしたい
  • アーチサポートにより疲れにくい姿勢を保ちたい方。
  • PARADIGMシリーズよりも軽量なガイダンスシューズが欲しい方。

最新版はPROVISION 7 STRIDE LABとONLINE SHOPで販売中。

PARADIGM[パラダイム]シリーズ

マックスクッション×ガイダンスシューズ

前出のPROVISIONとともにGuideRail(ガイドレイル)を搭載したパラダイム。
→数年前までのランニング業界ではプロネーションを「悪」とする風潮がありました。踵がガッチガチのシューズで動きを抑えるブランドもあった。でも本来の「プロネーション」とは、着地の衝撃を分散するために、着地時に踵が内側に倒れ込むように動く自然な動き。ガイダンスシューズである「パラダイム」なら無理には補正されず、過度な倒れ込みが起きた時だけ、このGuideRail機能がサポートしてくれます。疲れてくると足の内側に倒れ込む癖がある方でも、安定性を保つことが可能。

この機能がウルトラランナーやウォーカーに支持されているポイントなんです。

こんな方におすすめ。

  • ランニング、マラソン、ロングウォーク
  • 長時間の運動で、足部の安定性が気になる。内側のアーチが倒れやすい。
  • 長く走る、歩く事にチャレンジしたい
  • アーチサポートにより疲れにくい姿勢を保ちたい方。
  • PARADIGMシリーズよりも軽量なガイダンスシューズが欲しい方。
  • トーリンとパラダイムのみワイドモデルがあるので足幅がかなり広い方にもおすすめ。

最新版はPARADIGM7 STRIDE LABとONLINE SHOPで販売中。

VANISH CARBON[バニッシュ カーボン]シリーズ

ナチュラルランニング×高反発×カーボンプレート

『ナチュラルランニングを実践する構造』と『高反発・カーボンの安定感』を組み合わせたレーシングシューズ。

カーボンファイバーのエキスパートCarbitex™と提携した、カーボン・ハーフプレートを採用。自然な走りを阻害しないために、他のメーカーとは違い、かかと周りにはプレートは配置されていません。カーボン自体が3方向に分かれて、自然にたわむことで快適で柔軟な走り心地を実現しました。このプレートがレースのスピードでも高い安定感をもたらします。
ミッドソールには高反発な「EGO PRO」(イゴ・プロ)採用。高速で走れるように設計された軽量フォームが、爆発的な反発力を生み出します。また踵から65%前方の位置にロッカーが配置されており、アルトラのシューズの中で最も後方に設置。つまり自然とシューズが回りやすくなっています。一歩一歩スムーズに前進するような感覚を与えてくれ、自然なストライドを奪うことなく、効率的なトゥーオフを実現するよう設計されています。

レースを快適にするアルトラの特徴
完璧なフィット感を実現するために設計された「スリムフットシミッドフットをしっかり包み込みレースのスピードでも全くブレない。しかし足指はリラックスさせ、自然にフィットさせることができるので長時間履いていても快適。フルマラソンに必要なパワーと安定を提供します。

現代では「高反発」を生み出すレーシングシューズは珍しくありません。
しかし高速で走るために、「推進力」を生み出すための設計になってしまい、安定しないフォームで走らせているものもしばしば。ランニングの怪我の原因になることもあります。

ALTRAが目指すものは
「自然な走り方ができるシューズ」

もちろん、バランスクッション(ゼロドロップ)&フットシェイプ(足形)は健在で、シューズを履いていても足指部分が自然と広がり、最高のバランスと安定感を得ることができます。窮屈なシューズでレースを戦わなくて大丈夫です。

VANISH CARBON STRIDE LABとONLINE SHOPで販売中

VANISH TEMPO[バニッシュ テンポ]シリーズ

軽快な反発性とフィット感を併せ持つ、試し履きをするとみんな欲しくなる実力派

 

「EGO PRO」ミッドソール爆発的な反発力を持つクッションを採用。高いフィット感でスピーディに走っている時でもストレスなし。いつものESCALANTEやルナサンダルで走っている感覚のまま、笑ってしまうほど楽にスピードに乗って走ることができた。マラソンに向けておすすめのレーシングシューズです。

カーボンシューズからカーボンプレートを抜いて安価にしただけのモデルと思われがちなTEMPOですが、実は全くそんなことはない。爆発的な反発力で1歩のストライドを自然と広げてくれます。

ちなみにスタッフ中平は大好きなシューズ。フルマラソンやウルトラマラソンで使用中!
これまでESCALANTE RACERをフルマラソンの勝負シューズにしていましたが、高いフィット感と反発性で長い距離でも楽に走らせてくれます。

VANISH TEMPO STRIDE LABとONLINE SHOPで販売中。

ALTRAFWD EXPERIENCE(アルトラフォワード・エクスペリエンス)

4MMから0MMドロップへ。ナチュラルランニングへの移行シューズ


「ALTRAFWD EXPERIENCE」はランナーがゼロドロップへ、スムーズに移行(トランジション)するための理想的な選択肢。ナチュラルランニングの新たな可能性を発見してください。

これまでのALTRAファンも、
履いて存分に楽しめる一足になりました⭐️
ファンの方こそ履いてみてほしい。

低い4mmドロップと、適度なロッカーとクッションを持つエクスペリエンス。走り出して感じるのはロッカーの入るタイミングが絶妙なこと。走り出し、体重移動をしていくと、軽く滑らかにスピードに乗っていく。走っても、指先は広がり、リラックスしたまま履けるALTRAだけの履き心地はそのままに、滑らかに進んでいく構造が心地よい。硬さも感じられるクッションでしっかり踏めて、足はスムーズにどこまでも回っていく面白さを感じられます。

フルマラソンでも、ウルトラのウォークでもこの履き心地を試したい方が出てくるかも🏃

誰でも「ナチュラルランニング」を手にいれるために。
これまでのALTRAの技術を詰め込んで、新たな可能性が感じられる1足です。

ALTRAFWD EXPERIENCE(アルトラフォワード・エクスペリエンス)STRIDE LABとONLINE SHOPで販売中。

ALTRAシューズを手に入れたら、正しい姿勢へ移行していきましょう!

ドロップの高いシューズに慣れていると、人間本来の機能が低下している可能性もあります。シューズをバランスクッションへと移行していく場合は時間をかけた方が良い時もあります。

はじめはふくらはぎやアキレス腱周囲に違和感が出ることもありますが、それは今まで、偏ったシューズで伸ばせてなかった自然な動き。徐々に鳴らしていきましょう。

移行していく段階

バランスクッションに慣れるために、まずは歩くことから始めましょう。

走り始めは長く走らず徐々に時間を増やしていきましょう。

③だんだんと身体がバランスクッションに慣れていき、違和感がなくなっていきます。

④安全に体を動かすトランジションを行い。ALTRAのバランスクッションを楽しんでください。

*ALTRAの考えるランニングテクニックなどはSTRIDE LABの実店舗でスタッフにお尋ねください!

ALTRAをおすすめする理由。

いかがだったでしょうか。実はこれだけ沢山あるALTRAのロードシューズたち。全てのシューズが正しい姿勢で走ることができるシューズブランドなんです。

 正しい姿勢で強い走り方を手にいれるきっかけをくれるので、これまでとは違う走り方を手に入れたいというお客様には心からお勧めします。

最近ではランナーだけじゃなくて、姿勢を気にするハイカー、ウォーカー。妊婦さんに、年配のお客様まで様々な方が、正しい姿勢が手に入るシューズとして、探しに来ることも多くなりました。

全ての一歩を健康に。

できるだけ、長く、怪我のリスクを少なく。走り、歩き続けるために。

ALTRA(アルトラ)

おすすめです。

(中平)

 

イベントはランネットの申し込みサイトe-moshicomからお申し込みください。
↓↓↓↓↓
熊本店のイベント申込みページ

初めての方でもどなたでも。
お気軽にお越しください✨

3月も楽しんでいきましょう☺︎

(中平)

 

STRIDE LAB熊本の最新情報はinstagramで!要チェック!

↓↓↓↓↓

*********
熊本県熊本市中央区練兵町12番地1
定休日:月曜日・火曜日
12:00-19:00
TEL:096-273-6412
*********

 

  • facebook
  • twitter
  • line