REVIEW

商品レビュー

ルナサンダル 2022 入荷 モデルとサイズの選び方

東京本店

  • facebook
  • twitter
  • line

こんにちは、ホシです。

梅雨明けてからが梅雨みたいですね、、、
夏といえばサンダル、走れるサンダルと言えば「ルナサンダル」です!

LUNA SANDALS

長い間ランニングによる痛みに悩まされていたルナサンダルの創業者のベアフット・テッドは、シューズを脱ぎ捨て走ることで痛みから解放されました。そして、メキシコの走る民族「タラウマラ族」のマニュエル・ルナと出会い、その作り方とその哲学を伝授され、ルナサンダルが誕生しました

ルナサンダルを履き始める方の多くに、怪我をなくしたい、ランニングフォームをよくしたいという思いがあります。

ルナサンダルには、衝撃を吸収するクッション素材や安定性を高めるパーツなどはついていません。着地の衝撃を吸収するためには、自分のカラダを最大限に使う、使える必要があります。
ルナサンダルや裸足で走ってみると、着地の衝撃の強さや痛みに気づくと思います。普段どれだけシューズがカバーしてくれているのか、シューズのおかげで走れているのかがわかります。

まずは履いてみて足裏からの情報をいろいろと感じ取っていただくのが、おもしろいかなと思います。

2022年の入荷モデル

Venado2.0

ルナサンダルの中で最もスタンダードなモデル。
薄くしなやかなソールは、足裏からの情報を余すことなく伝え、路面の状態や足の着き方、地面からの衝撃、普段シューズを履いていては感じ取れない刺激を与えてくれます。迷ったらとりあえずこれです。

MONO Winged Edition

ルナサンダルの中でも厚みがあるモデルです。ランニングからタウンユースまで幅広く履きやすいモデルです。
踝の両サイドに柔らかなWingedパーツが付いておりフィット感とサイズ調整を簡単にしてくれます。

Mono Winged Edition
Mountain Crystal/Desert Canyon

Retro Mono

MONOのWingedパーツなしモデル。ストラップがソールに直付けになっているレトロモデル。

Oso Flaco Winged Edition

アウトソールにVibram MEGA Gripを使用、深めのラグでトレイルでもバッチリグリップします。

Retro Oso Flaco Black

OSOのWingedパーツなしモデル。

Leadville Trail 

三鷹の「ハイカーズデポ」さんとSTRIDE LABの限定モデル。
軽くて無駄のない 11mm の超軽量ミニマリスト・トレイル・サンダル。最低限のプ ロテクションを提供し、 非常に柔軟な Leadville Trail ソールは、短期間で足に馴染みます。

Venado Premium Cabra

フットベットにピッタード社のゴートレザーをしようしたプレミアムなルナサンダル。ストラップにもレザーを使いクラシカルなデザインです。ゴートレザーは水や泥にも強くアウトドアでも問題なく使えます。通常のVenadoよりも少し厚みのあるため、履き易くさまざまなシーンで使っていただけます。

レザーストラップの結び方

ルナサンダル サイズ選び

サイズ感についてですが、ルナサンダルは足の実寸とほぼ同じサイズをオススメしています。実寸がわからない方は、ランニングシューズにつま先が1cmくらい余裕があれば、そこから1cmくらい小さいサイズが目安です。
ALTRAランニングシューズでUS9(27cm)を履いてつま先に1cmくらい余裕がある方は、US8(26cm)を購入するのがオススメです。
ホシは、実寸248mmくらいでルナサンダルはUS7を履いています。US6も持ってますがちょっとタイトなサイズ感です。

走ったり山に行ったり川で遊んだり、タウンユースでもルナサンダルがあると楽しい夏が過ごせますよ。旅のお供に1足あると便利です。

  • facebook
  • twitter
  • line
閉じる