STRIDE LAB COLUMN

STRIDE LABコラム

マラソン大会のエイドステーションとは?どんな物があるか事前に確認!

マラソン

  • facebook
  • twitter
  • line

こんにちは!STRIDE LAB 本店の馬場です。

 

マラソン大会で用意されている「エイドステーション」。

これから初めてマラソン大会に参加するという方には、聞き慣れない言葉かもしれません。

 

エイドステーションはマラソンに必要な水分とエネルギーを提供してくれる場所ですが、実際どんなものが用意されているのか気になりますよね。

 

今回は、マラソン大会のエイドステーションについて詳しくご紹介します!

エイドステーション

 

 

マラソン大会のエイドステーションとは?

マラソン大会でコース中に設置されている「エイドステーション」。

エイドステーションとは、食べ物や飲み物を補給する場所のことです。

 

エイドステーションを利用することで適宜で水分やエネルギー補給ができるので、フルマラソンなどの長距離では重宝します。

 

また、エイドステーションがあることで水分や補給食を携帯する必要がなく、ランナーはより身軽に走ることが可能です。

 

ただし、大会によってエイドステーションが設置される間隔は異なります。

エイドステーションだけで補給が間に合わないときは、エナジージェルなどを携帯しておきましょう。

 

エイドステーションは2種類あり、大会の主催者が設置している公式のエイドステーションと、「私設エイド」と呼ばれるコース近隣の住民などがボランティアで設置しているエイドステーションがあります。

 

私設エイドにはその土地の特産品が提供されていることが多く、マラソン大会を盛り上げる要素にもなっています。

 

 

マラソン大会のエイドステーションにはどんな物が用意されている?

エイドステーション

エイドステーションは水分・エネルギー補給が目的ですが、具体的にはどのようなものが置いてあるか気になりますよね。

特に地方のマラソン大会では、変わった特産品が振る舞われることも。

 

ここでは、エイドステーションにある定番の食べ物やその効果、特色あるメニューをご紹介します。

 

ちなみに、トレイルレースの特に超長距離と言われる100キロや100マイルレースでは「ドロップバッグ」というものが許されています。

シューズやソックスの交換、そのセクションで必要になる装備品の交換、また補給食の補給をご自身が用意したバッグに入れて、指定したエイドステーションで受け取ることが可能な場合もあります。

 

エイドステーションによくある食べ物・飲み物とその効果

まずは、マラソン大会のエイドステーションで用意されていることの多い、定番の食べ物・飲み物をご紹介します。

 

おにぎり

炭水化物は素早くエネルギー源に転換されると言われており、多くのエネルギーを必要とするマラソンには、とても重要な栄養素。

消化が良く食べやすいため、エイドステーションでは定番の食べ物です。

 

バナナ

バナナにはブドウ糖・果糖、ショ糖・オリゴ糖、食物繊維・でんぷんと消化スピードが異なる糖質が含まれています。

そのため、長時間エネルギーを持続させる効果が期待でき、マラソン中のエネルギーが切れてしまうのを防ぎます。

 

パン

おにぎりやバナナと同様に、エネルギー源となる炭水化物が多く含まれています。

 

ロールパンやクリームパン、あんぱんなどさまざまなパンが提供されますが、特にあんパンに含まれる小豆は、タンパク質やビタミン、ミネラルなどがバランスよく含まれていると言われており、エイドステーションで用意されていることも多いです。

マラソン中は汗とともにミネラルも失われます。

ミネラルの中でも、特にナトリウムが不足すると、足がつったりめまいなどを引き起こす可能性も。

水分だけでなく、ミネラル補給をしっかり行いましょう。

 

なかにはミネラルと糖分どちらも摂れる「塩飴」が用意されていることもあります。

 

梅干し

梅干しにはミネラルとクエン酸が含まれており、足のつり防止や疲労回復効果が期待できます。

 

水・スポーツドリンク

汗をかいて水分が不足したままだと、熱中症のリスクや運動のパフォーマンスが低下することがあります。

 

マラソン中はこまめな水分補給が大切ですが、水だけではなく、ミネラルや糖分も一緒に摂取することが大事。

スポーツドリンクには適度なミネラル・糖分が含まれているので、マラソンなどの激しい運動を行う際にはおすすめです。

 

地方のマラソン大会で出されるメニュー

地方のマラソン大会では、特産品をエイドステーションで飲食できるのが楽しみの一つ。

過去のマラソン大会で登場した、特色あるメニューをご紹介します。

  • 函館マラソン:朝市炊き込み海鮮丼、がごめいかそーめん、函館散歩(カステラ饅頭)
  • 東北・みやぎ復興マラソン:はらこ飯、くるみゆべし、笹かまぼこ、せり鍋
  • 金沢マラソン:源助大根煮、金沢カツカレー、フルーツらくがん、きんつば
  • おかやまマラソン:スポーツきびだんご、シャインマスカット、千両なす浅漬け
  • 高知龍馬マラソン:かつおめし、土佐まほろばトマト、きゅうり王道甘酢

 

記録を狙うランナーはなかなか味わう時間がないと思いますが、完走が目標のランナーはぜひご当地メニューもチェックしてみてくださいね!

 

 

エイドステーションでしっかり補給してマラソン完走を目指そう!

エイドステーションとは、マラソン大会などのコース上で食べ物や飲み物を補給する場所のことです。

 

エイドステーションには公式のエイドと私設のエイドの2つがあり、特に私設エイドにはその土地の特産品などが多く提供されています。

 

マラソン初心者の方は目の前の食べ物につられて食べ過ぎてしまうことが多いですが、あくあくまで食事ではなく「補給」が目的。

最低限必要な水分とエネルギーを摂ることを心がけましょう。

 

とはいえ、ご当地の食べ物・飲み物が飲食できるのはとても魅力的。

食べ過ぎない程度に、エイドメニューもぜひ楽しんでくださいね!

 

全てのランナーへ。人気のランニンググッズを豊富に取り扱い

  • facebook
  • twitter
  • line

この記事を書いた人

馬場 保孝 STRIDE LAB本店

幼稚園児の頃、自転車に乗れずランニングに目覚める 30年間ランニングを生活の一部として生きてきた経験を踏まえ これからもお客様に楽しんで運動を続けていただけるように、いろんな角度からご提案できればと思います。