STRIDE LAB COLUMN

STRIDE LABコラム

雨の日のウォーキングに適した服装は?代わりの運動もチェック!

ウォーキング

  • facebook
  • twitter
  • line

こんにちは!STRIDE LAB 本店の馬場です。

 

「ウォーキングを続けたかったけれど、雨の日が続いていつの間にか歩く習慣がなくなってしまった」なんて経験はありませんか?

 

「濡れたくない」「雨の日は家の中でできる運動をしたい」という方も多いと思います。

雨の日はどんな服装ならウォーキングが可能かも、気になりますよね。

 

運動は継続すると効果が表れやすくなるので、天気にかかわらず行いたいもの。

今回は、雨の日のウォーキングにおすすめの服装や、雨に濡れずにウォーキングが行える場所やウォーキングの代わりの運動をご紹介します!

ウォーキング

 

 

雨の日のウォーキングはどうする?適した服装は?

運動は継続をすると効果が表れやすくなるもの。

効果を実感するためにも、雨の日もウォーキングを行い、習慣化させたいですよね。

 

雨の日でも、適した服装をすることでウォーキングがしやすくなります!

ただし、台風や暴風雨といった注意報や警報が出るほどの悪天候の際は、安全を優先させて外でのウォーキングは控えてくださいね。

 

では、雨の日のウォーキングにおすすめの服装と注意点をそれぞれご紹介します。

 

雨の日のウォーキングにおすすめの服装

雨の日のウォーキングで大切なのは、できるだけ濡れないことです。

どのような服装や小物を揃えれば良いのか、おすすめのアイテムをご紹介します。

 

レインウェア

レインウェアを着ることで、雨風による体温低下を防ぐことができます。

雨に濡れながらウォーキングを続けると低体温に陥り、体調不良を引き起こす可能性が高まるので、注意しましょう。

 

体調を崩さないためにも、レインウェアはぜひとも身に着けたいアイテムです。

 

レインウェアはジャケット(ハードシェル)タイプやポンチョタイプなどがありますが、上着とズボンの上下に分かれているタイプだと動きやすいのでおすすめです。

 

レインウェアの種類の中では、ハードシェルと言われているものが特におすすめです。

防水性に優れているだけでなく、服の中で籠もった湿気を外に出す「透湿性」や「通気性」を兼ね備えた生地を使用し、ミシン目部分も防水加工(シームテープ)されいるなど、悪天候になってもジャケットの中を濡らさず、安全に行動し続けることができるようにデザインされています。

 

どんなに防水性が高くても、透湿性や通気性がない生地を使った、汗による湿気を外に出せないようなレインウェアを着ていては、雨からは避けられても、結局汗でジャケットの中はびしょ濡れになり、低体温症になってしまう、何てことも起こりかねません。

 

また、小雨程度なら「ソフトシェル」と呼ばれるアウターでも対応できます。

ソフトシェルは撥水加工が施されており、レインウェアよりも伸縮性・通気性に優れているので、動きやすく汗をかいても蒸れにくいのが特徴です。

 

明るい色や反射材を使用した服装

雨の日は日中でも薄暗い上に、雨によって自動車・自転車の運転手は視界が悪くなっています。

明るい色の服を着る、反射材を身に着けるといった対策をしておくと、遠くからでも運転手に気付かれやすく安全にウォーキングを楽しめるでしょう。

 

防水シューズ

雨の日に普通のウォーキングシューズを使うと中が濡れてしまうことはもちろん、梅雨時期は次のウォーキングまでにシューズが乾かない…なんてことも。

 

雨の日用に防水シューズを1足揃えておくと便利です。

雨で濡れた地面は滑りやすくなっているので、底が滑りにくいシューズがおすすめです。

 

防寒対策が可能なグッズ

雨の日は気温が低い場合が多く、特に秋冬は気温の低さに加えて雨の冷たさで体の芯まで冷えることも。

 

レインウェアの中に着込む保温性のあるインナー、手袋やネックウォーマーなどの小物を揃えておくと安心です。

防寒対策をして体調を崩さないように気を付けましょう。

 

雨の日のウォーキングの注意点

雨の日のウォーキングは、以下の点に注意しながら行うようにしてください。

 

傘は差さない

ウォーキングを効果的に行うには正しいフォームで歩くことが大切です。

傘を差すとフォームが崩れる、視界が悪くなるといったデメリットが生じるので、使わずにレインウェアのフードやキャップなどで雨を防ぐことをおすすめします。

 

転倒に気を付ける

雨で濡れた地面は晴天時と比べると滑りやすくなっています。

特に道路の白線やマンホールなどは非常に滑りやすいので、なるべく避けて通るかゆっくり歩くように心がけましょう。

 

雨に濡れて体調を崩してしまっては本末転倒です。

雨の日のウォーキングは万全な準備で行ってくださいね!

 

 

雨の日にウォーキングをするなら!便利なグッズもご紹介

雨の日のウォーキングはご紹介した服装や小物に加え、さまざまな防水グッズを使うことでより快適に行えます。

今回はあると便利な防水グッズの中でも、人気の3つをご紹介します。

 

Teton Bros. Tsurugi Lite Jacket 2.0

機能性が高く実用的なフード付きのハードシェルジャケットです。

 

ウェア内をドライに保つための通気性や耐水圧を備え、軽量化に成功した3レイヤー素材の「Aqua Breath」を採用。

以前のバージョンのTsurugi Lite Jacket(Mサイズ)より65gの軽量化を実現しています。

 

さらに基布にはメカニカルストレッチ100%ナイロンを使用することで、動きやすさと静寂性を追及しました。

 

無駄な要素を排除しながら、必要とされる機能はそのままに。

日本の春夏の気候にぴったりな1着です。

 

Teton Bros. Tsurugi Lite Jacket 2.0 Unisex(ツルギライトジャケット男女兼用)

 

2イン1 ウォッシュ&リペル

撥水性が落ちてしまったジャケットに撥水加工を施す洗剤です。

洗濯機に直接投入して使い、洗浄と同時に撥水性を復活させます。

 

乾燥の際は、洗浄成分を蒸発させるため熱を加えながら乾燥させる必要があります。

ウェアの洗濯表示に従って、衣類乾燥機やアイロンを使用するのがおすすめです。

 

Grangers(グランジャーズ) 2イン1 ウォッシュ&リペル

 

ルナサンダル

ランニング用のサンダルで素足で履くサンダル。

雨の日外出るとシューズが濡れたりソックスが濡れたりと気になることが多いですが、そもそもサンダルでウォーキングやランニングを行えば、気になることかありません。

 

もちろん寒い季節では裸足は辛いですが、温かい気候であればサンダルはむしろ快適アイテムです。

 

また、裸足感覚で歩くことは足裏からの感覚入力を増やし、脳機能の向上や、体性感覚(バランス感覚など)の調整にも良いと言われています。

雨だからこそ、その季節をダイレクトに裸足で感じましょう。

 

LUNA SANDALS MONO Winged Edition Desert Canyon(ルナサンダル モノ デザート キャニオン)

 

 

他にも、防水ポーチやドライバッグがあると便利です。

 

これがあれば雨の日でも財布やスマートフォンなどの小物を持ち歩くことができます。

ランニングパックの中に防水バッグを入れて、その中に貴重品を入れるのがおすすめですよ!

 

ストライドラボの店舗では防水ポーチも販売しています。

 

 

雨の日に濡れずにウォーキングできる場所や代わりの運動は?

雨の日に濡れずにウォーキングできる代わりの運動

「雨の日はできるだけ濡れたくない」「雨の日は外に出たくない」という方もいらっしゃると思います。

運動の習慣をつけることは大切ですが、雨の中でのウォーキングを苦痛に感じるのであれば、無理に外でウォーキングをする必要はありません。

 

雨に濡れずにウォーキングができる場所や、ウォーキングの代わりに自宅でできる運動もご紹介します!

 

雨の日に濡れずにウォーキングできるスポット

「雨に濡れたくないけどウォーキングはやりたい!」という方に、おすすめのスポットを3つご紹介します。

 

スポーツジム

スポーツジムならウォーキングマシーンを使ったウォーキングができます。

ウォーキングマシーンだと傾斜をつける・速度を変えるといった負荷をかけることができるので、普段のウォーキングより消費カロリーを増やすことも可能です。

 

地下街

都市部の地下街は広くて濡れる心配がないので、雨の日のウォーキングにおすすめ。

地上と地下をつなぐ階段を利用すれば消費カロリーアップも期待できます。

 

多くの人が行き交う場所なので、ぶつからないように注意しましょう。

 

ショッピングモール

大型のショッピングモールは施設が大きいので、端から端まで歩くとウォーキングに良い距離になります。

実際に、館内にウォーキングコースを設けているショッピングモールもありますよ!

 

ウィンドウショッピングを楽しみながら歩くと気分転換にもなるのでおすすめです。

 

雨の日にウォーキングの代わりに自宅でできる運動

「雨の日はなるべく外に出たくない…」という方には、自宅でできる運動がおすすめです。

 

筋力トレーニング

筋肉を鍛えると、さまざまなメリットが得られます。

筋肉量を増やすと基礎代謝を上げることができるため、痩せやすい体を目指すことができます。

全身の血流が上がることでも、代謝量アップが見込めるでしょう。

 

他にも美しい姿勢をキープできる、むくみ・冷え性の改善、睡眠の質が上がるなどのメリットがあります。

 

階段の昇降運動

階段の上り下りを繰り返すことで、ウォーキングの代わりに有酸素運動が行えます。

自宅に階段がない方は、踏み台を用意して上り下りするのも効果的です。

 

足を持ち上げることで、足の筋肉だけでなく腹筋や背筋など全身の筋肉を鍛えられます。

踏み台の高さが高いほど運動負荷が大きくなりますが、初心者は15㎝ほどの高さから始めると良いでしょう。

 

雨の日でも運動は継続することが大切。

ぜひ、自分の行いやすい方法でウォーキングや運動を行ってみてくださいね!

 

 

雨の日は適した服装や防水アイテムでウォーキングを快適に!

運動は継続することが大切。

雨の日も、できることならウォーキングを行うのが望ましいです。

 

暑い夏の日は特に雨の日のほうが気温も低く、ウォーキングを快適に感じるときもあります。

また、快適なレインウェアを着ていれば、レインウェアを叩く雨の音を楽しみながら、健康なウォーキングを楽しめます。

 

しかし、警報や注意報が出るほどの悪天候の場合は安全を優先して屋外でのウォーキングは控えましょう。

 

雨の日のウォーキングは、レインウェアや防水シューズなどのアイテムを使って極力体が濡れるのを避け、体調を崩さないように気を付けて行ってくださいね。

また、視界不良による事故や転倒などのリスクがあるため、明るい服装や反射材を身に着ける、滑りにくいシューズを履くといった対策も大切です。

 

雨に濡れるのを避けたいという方は、トレーニングジムや地下街、ショッピングモールなどの屋内でウォーキングを楽しむのも良いでしょう。

雨の日はウォーキングにこだわらず、自宅でできる他の運動を行うといった方法で運動を継続するのも良いですね!

 

自分に合った方法で、雨の日のウォーキングや運動を楽しんでくださいね。

 

全てのランナーへ。人気のランニンググッズを豊富に取り扱い

  • facebook
  • twitter
  • line

この記事を書いた人

馬場 保孝 STRIDE LAB本店

幼稚園児の頃、自転車に乗れずランニングに目覚める 30年間ランニングを生活の一部として生きてきた経験を踏まえ これからもお客様に楽しんで運動を続けていただけるように、いろんな角度からご提案できればと思います。